耐震強度擬装事件に思う

ここしばらく、こどもが殺される事件か、耐震強度擬装事件かがトップニュースという状況が続いている。
どちらも衝撃的な事件であることには間違いない。

時事/社会ネタを書くと単なる評論家になりがちなので躊躇してしまうんだが。ちょっとおもうところあって、ひとこと。

もちろん、ああいう構造物作った罪は大きいし、被害に直面している、近隣も含む住民のみなさんの心中を察すれば、関係者は当然糾弾されるべきだと思うし、責任ってものにも明確にしていかないといけないと思う。事件の背景も大事だと思う。

でも、全体を見たとき、なんか違和感を感じるのよね。特にワイドショーなんですけど、一昨日だったかな。

イーホームズ社長が、ワイドショーに出演してたんだけど、司会、コメンテータ、住民代表ら6~7人に囲まれて、責められて、発言は遮られて。「こりゃいぢめだよ」って思ったよ。

仕事の結果がああだから、しょうがない面もあるが、「(こいつ)こんなに悪者なんですよっ!」って、ツルシアゲて、(メディア側が)「これが正義だっ」やってるような印象。

悪いやつは悪い。でも、正論だけの非難や、無責任な批判がスルーでどんどんでていく社会に、少なからず恐怖を覚えます。

↑イマイチ、全体がつながってない気がするが~(笑)。ケータイからなので、勘弁~!

ひとりごと

Posted by たいぞう